食えてない女流棋士が大勢いる中で「白人」というだけでアニメ化!その名も・・・

1: 2018/06/15(金) 23:16:04.81 ID:/GlVfZgWM

すすめ、カロリーナ。:女流棋士カロリーナの歩みがアニメに 「君の名は。」スタッフも参加

no title

no title

no title

no title

no title

no title

 将棋界史上初の外国人女流棋士であるカロリーナ・ステチェンスカ女流1級のこれまでの歩みを描いたショートアニメ「すすめ、カロリーナ。」が15日、公開された。アニメ...

引用元スレッド

合わせて読みたい記事

 

2: 2018/06/15(金) 23:16:53.68 ID:RTWdq5O1M
恵体

3: 2018/06/15(金) 23:17:19.64 ID:+RDOrv4jd
だって外人って珍しいやん

4: 2018/06/15(金) 23:18:01.77 ID:mRHkCKkL0
ぶっ

5: 2018/06/15(金) 23:18:12.35 ID:LE7hTMSY0
本人顔ぐぐったらめっちゃ美化されててワロタ
横浜あたりのハズレ外人っぽい
no title

6: 2018/06/15(金) 23:18:55.29 ID:qb2O9gP10
白人だけど結構ブサイクよな
男ならイケメンに見える顔かもしれんが

7: 2018/06/15(金) 23:19:01.37 ID:PfXGtULr0
これカロリーメイトのCMアニメやろ?

11: 2018/06/15(金) 23:20:29.78 ID:TPXfkZTm0
この人は人柄がええし

13: 2018/06/15(金) 23:20:41.81 ID:PfXGtULr0
今ググッたらなんとも言えん顔しとるな、味わいある顔や

15: 2018/06/15(金) 23:21:07.59 ID:22km6+Ty0
正座辛くないんか?

18: 2018/06/15(金) 23:21:58.43 ID:CFnBK5ub0
ちな実物
no title

24: 2018/06/15(金) 23:22:44.56 ID:tZmpyJ2o0
>>18
ホグワース魔法学校にいそう

26: 2018/06/15(金) 23:23:00.31 ID:XTnHRAwVa
>>18
女装?

41: 2018/06/15(金) 23:27:30.27 ID:MPMVah1q0
>>18
キーボードクラッシャー

19: 2018/06/15(金) 23:22:02.21 ID:4GcIk9W40
普及に必死なんやで

21: 2018/06/15(金) 23:22:19.66 ID:tZmpyJ2o0
将棋協会じたいがメディアに攻勢かけてる感じがあるんだが
女子将棋も同じ協会なの?

22: 2018/06/15(金) 23:22:27.34 ID:gAyaDAYu0
どこまで行ってるのかと思ったら二級で草

31: 2018/06/15(金) 23:24:02.53 ID:BysdWt7p0
>>22
もう1級やろ

33: 2018/06/15(金) 23:24:28.27 ID:TPXfkZTm0
>>22
24だとおそらく1800ぐらいやろ

23: 2018/06/15(金) 23:22:40.76 ID:tftFJCo80
実写でええやん

27: 2018/06/15(金) 23:23:00.42 ID:yA3WtPlt0
なかなかええアニメやったで

28: 2018/06/15(金) 23:23:08.31 ID:9RqoUCbpa
女流にこんだけ記者集まらないだろ
no title

29: 2018/06/15(金) 23:23:18.42 ID:zYcdZ5uPd
言うほど食えてない女流棋士って多いか?

38: 2018/06/15(金) 23:26:02.23 ID:WFZ6we5G0
カロリーナだからってスポンサーがカロリーメイトは草

↓記事をシェアしてね!

次はこちらの記事がおすすめ

コメントありがとう!

  1. 名無きてぃー より:

    せやかて海外から日本の女流棋士になるのは生半可じゃなかろうて

  2. 名無きてぃー より:

    母国じゃ将棋を行う環境も日本に比べれば確実に劣っていただろうし、その上将棋に出会うのも女流棋士の資格に挑戦するのもかなり遅い方。その少ないチャンスの中で女流棋士の地位を勝ち取ったんだから間違いなく才能はあるでしょ

    その上で、囲碁に比べてクローズドな競技だった将棋に、他国の人間が挑戦しているとなれば、そりゃあ広報的には放っておけないし、放っておいたのなら旧態依然とした無能と言わざるを得ない。日本の将棋界がそうではなくて良かったと喜ぶべき案件