バナナマン設楽「後輩を叱る、叱らない先輩の違い」→素晴らしいと話題に!

バナナマン設楽 「後輩を叱る/叱らない先輩の違い」

沢山経験を積んで、引き出しを増やしておこう。 pic.twitter.com/piCl9NEpmQ

合わせて読みたい記事

ユーザーの反応

@beautyplusalpha @Ryh1n 共感。年取れば落ち着きが出てくるのはこれだったのか。
次は新人教育失敗しないようにしないと。。。

@beautyplusalpha 自分の引きだしが少ないから怒る、というのは面白い。

確かに経験値が上がれば怒りをそのままぶつけても非生産的だから感情的にならず自他共に合理的な道を選択するように成長していくんだろうな…。

社会や政治に対してただ怒り叫ぶだけの人たちを見て虚しさを感じるのはそういうことかもしれない。

@beautyplusalpha 前頭葉の働きが弱いと、恐怖や怒りを司る扁桃体を抑えることができず、”怒る”という行為に出てしまいます。
そのため、前頭葉を鍛えることが大事で、以下のことをすれば前頭葉は鍛えられます。
・料理
・掃除
・洗濯
・整理整頓
つまり、家事をしない人ほど前頭葉が弱い=怒りやすいのかもしれません。

@mikaitabi @beautyplusalpha 奥様が家のことやってくれて仕事に専念できる環境でモーレツに働かれてる方もおられますが、あの働き方、前頭葉的には良く無いのですね。

そう言えば、よく怒る人、多かったような。。。。

@beautyplusalpha これだ!
人生で必要なものはいつも自分自身が持ってるものに左右されるんだ

 

@beautyplusalpha @hakutake7 概ね正しい。ただ怒るべき時は怒るのも肝要。
人様に対する礼儀なり仁義に反する事については怒る事も、また役目であろうかと。

@beautyplusalpha 経験値を溜めてレベルアップしないといけないんですね。

@beautyplusalpha 無知の無知→知の無知→知の知の変遷 >RT

金言「引出しの少ない人は怒りやすく、自分と異なる人を認められない。経験を積んで器が大きくなれば怒らなくなり、そうして人は丸くなっていく。」 twitter.com/beautyplusalph…

スプラでB帯の頃は皆キャッキャしてたけど、ウデマエが上がって知識がついてくると味方に怒る事が増えて、更に経験を積むとその場で味方に怒るより今自分にできる打開をするようになるの完全にこれやん twitter.com/beautyplusalph…

自分の引き出しか…

穏やかな気持ちの時だと「そうだなあ、引き出しを増やせるように頑張ろう」って思えるのに、
自分の気持ちが落ちてると「ほんと引き出し少ないな。なんでこんなにできないんだろう」っていうベクトルに進んでしまう。 twitter.com/beautyplusalph…

歳を重ねることの唯一の利点
まぁ、稀に長い人生を何して過ごしてきたんだって老いぼれもいるんだけれど twitter.com/beautyplusalph…

すっごいわかる
経験してる人ほど人に優しく出来るし
それに対しての解決策とかそれが無くても次頑張ればいいよ!とか励ましてくれる twitter.com/beautyplusalph…

俺が慕ってる先輩は確かにみんなこういう風に伝えてくれる人が多いな twitter.com/beautyplusalph…

\ 記事をシェアしてね! /

次はこちらの記事がおすすめ
Facebookページにいいね!をしよう
最新の記事をチェックしよう!

コメントありがとう!

  1. 名無きてぃー より:

    サンドが言うならまだしも、バナナが言ってもしけた芸人としか思わないんじゃぁないか

  2. 名無きてぃー より:

    これは分かる。子供を育てるのは自分を育てる事と同じだと思う。思わず怒ってしまってそれが続くと自分の言動にも疑問を覚えるようになる。自分の子でも他人の子でも、あるいは部下とかでもいいから、人生一度は子育て(のつもりでも良いから)に向かい合うと良いと思う。

  3. 名無きてぃー より:

    そのときの話題次第だよ
    遅刻や、借りた金をかえさないとか、だれがみてもはっきりしてることでも
    嫌われたくないから一切怒らない優しい人もいるしさ・・・