息子が米津玄師のLemonの歌詞について、すごいことを言い出した。

息子が米津玄師のLemonを聞きたがる。給食の時間にかかるそうな。「なんで“雨が降り止むまでは帰れない”なんだろうね?」と息子が言うので、さぁ傘忘れたんじゃない?wと適当に答えたら「悲しくて心の中に雨が降ってて動けないってことじゃないかと僕は思う」と言われて恥ずかしかったです。
合わせて読みたい記事

ユーザーの反応

ちゃんと歌詞を聴いてそれを理解しようとしてて偉いわ。お母さんは恥ずかしい。

@miokotoba 笑った~🤣。
本当は傘忘れたんだと思いますよ🤣

@miokotoba 切り分けたレモンはどこかのことわざで最愛の自分の半身という意味があるそうです。

半身を失って苦しいから心に雨が降ってるんでしょうね(*´╰╯`๓)♬

@miokotoba 雨が降り止む(恥ずかしさが収まる)までは帰れない~♪😂

@miokotoba 素晴らしい感性をお持ちのお子さんですね。
事情が許す限り、音楽や芸術などの文化教養を養ってあげて下さい。

@miokotoba @rubyfruit1223 なんて素敵な💕うちの息子は「走って帰ったらええのに…」と言ってました…

@miokotoba 「心の傘ね」と、あわてて胡麻化す。そこへ注がれる冷た~い視線。

@miokotoba @666respect 備えあれば憂いなし、せめて折り畳みがあれば

@miokotoba あれは確か引きこもりの米津さんの支えだったお爺ちゃんが亡くなったところから出来た歌詞だったと。思春期の我が子もこの歌が大好きで、ちょっとばかり仲がいい自分のお爺ちゃんにもこの曲をおしえてあげていました。でもお爺ちゃんは米津玄師の名前が難しいところに納得がいかず聴いてくれません。

@miokotoba お初にお目に掛かります。

雨の中傘がないから彼女に逢いに行けないと、四十数年前に井上陽水が歌った歌とは違い、えらく明るい歌ですね。

バズったから宣伝します!
子育て、教育関連のブログを書いてるのでよかったら見てください~

miokotoba.com

@miokotoba 息子さん詩人やねぇ。2年生でその発想は素敵

小学二年生でその国語の読解力、驚異的だと思います。すごい! twitter.com/miokotoba/stat…

息子さんの仰る感覚がわかる気がする。あまりに悲しいとマジで動けなくなるから。 twitter.com/miokotoba/stat…

こういう「自分なりの歌詞の解釈をすること」が実はすごく好き。
恥ずかしいから共有はしないけど、同じ解釈してる誰かがいればいいな、とは思う。 twitter.com/miokotoba/stat…

豊かな感受性は相手を思いやる気持ちにつながるので大事にしてほしいね twitter.com/miokotoba/stat…

最高やで。子供は大人が思うより大人だ。 twitter.com/miokotoba/stat…

\ 記事をシェアしてね! /

次はこちらの記事がおすすめ
Facebookページにいいね!をしよう
最新の記事をチェックしよう!