「謝ったのに許してもらえない」という愚痴を目にしたんやが

「謝ったのに許してもらえない」という愚痴を目にしたんだけれど、【謝るのだから許されるはず】というスタートが間違っているのよ。許すか許さないかは相手が決める事なのだから【許されないかもしれないけれど、お詫びの気持ちだけは伝えたい】謝るってこういう事だと思うのよ。

ユーザーの反応

@tugiate_atenuno 謝れば自分は楽になるでしょうね?そこに『謝ったんだから許してくれるよね?つーか許すでしょ?』という下心が見え見えだから許されないんだよ。

『許すか否かは任せる。ただ謝罪だけさせて欲しい』

これぐらいの覚悟がないなら最初から謝らない方が良いと思います。

 

@tugiate_atenuno ほんとこれ。
いつまで怒ってるの?私はいつになったら楽になれるの?もう時効やで
って逆ギレされた時は
一生許すか😡ってさらに嫌いになっちゃった

 

@tugiate_atenuno 逆に、許してくれないなら謝らなかったの?っていう

 

@tugiate_atenuno 謝って得られるのは、自分の気が楽になるだけで、相手に期待してはいけない

 

@tugiate_atenuno @l_lawliet_n ほんとそう。許してない方が悪いみたいに言われることあったりするから余計腹立つ。

 

@tugiate_atenuno 許して貰えないことに怒っちゃったりする人とか、たまにいますね。
許してほしいという気持ちはわからなくもないけど、謝って許されるのが当たり前と思うのは、違いますよね。

 

@tugiate_atenuno 付け加えさせてもらいます。
まず、「謝らせてもらえる」ことに感謝しなければいけない。これすらさせてもらえない人がいるのだから。
そして「謝らせてもらえた」=「許してもらえた」ではないこと。
これを勘違いする人も多い。
「謝らせてもらえ」ても、「許してもらえない」ことはよくある。

 

@tugiate_atenuno ちなみに、本当に許してもらいたいなら以下6つの要素を含めた謝罪が効果的だとオハイオ州立大学Roy Lewicki教授が申しております。

1. 謝罪の言葉
2. 間違った行いの説明
3. 責任の自覚
4. 反省しているという意思表示
5. 改善策の提示
6. 赦しを請う

最重要要素は、責任の自覚だそうです。

 

@tugiate_atenuno 同意しかないです…
本当に求めてるのは毎度の謝罪ではなく根本的な改善です…

 

@tugiate_atenuno どうしても、許せない事って、
それぞれありますよね💦

 

@tugiate_atenuno 謝ったら許す相手、謝ったら許した事にしておく相手、最初から取り扱わない相手がいる。

 

@tugiate_atenuno 幼稚園児の頃からそれ思ってました
「なんで謝ってるのに許してくれないの!?」とか何様のつもりだよって感じです

 

@tugiate_atenuno 本当にそうですね。
『よく合ってきたパターン』
謝ってもこられても許さなかった
→それを他の人に言われる
→何故か謝られている方が悪者になる、または「許してあげなよ」「悪気は無かったんだから」と、その他の人から諭される(まるで許さない事が悪いかの様に)

何でこっちが悪者に?!

 

 

@tugiate_atenuno 許すタイミングはやられた側が決めることですしね

 

Twitterネタ
シェアしてねヽ(*´∀`)ノ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
もりえってぃー

コメント

タイトルとURLをコピーしました