勉強って「頭の中に知識を詰め込む行為」ではなく、こういうことやろ

Twitterネタ
勉強って「頭の中に知識を詰め込む行為」ではなく「世界の解像度が上がる行為」だと思う。ニュースのBGMだった日経平均株価が意味を持った数字になったり、外国人観光客の会話が聞き取れたり、ただの街路樹が「花の時期を迎えたサルスベリ」になったりする。この「解像度アップ感」を楽しめる人は強い
スポンサーリンク
PICK UP
PICK UP

ユーザーの反応

@toyomane 最近の生きるスタンスが正に世界の解像度を上げる、だったので正に正鵠です
神話から入って星座や星がわかるようになって、散歩がめちゃくちゃ楽しみになりました。

 

@toyomane 仏道って「頭の中の思考を無にする行為」ではなく「思考に気づける行為」だと思う。悲しい気持ちになった悪口の正体がただの音であることや、思考は実は自分のものではないこと、そして「苦しみがあることと苦しんで生きることは違うこと」に気づけたりする。この「解像度アップ感」を楽しめる人は強い

 

@toyomane それわかります
あと、固定の人が1000人の人がいる空間に三ヶ月いたとき、友達や顔見知りが増えるにつれ、その他大勢のモブだった人がひとりの人になりました。その感覚にも似てるなと思いました

 

@toyomane 強く同意します。よく「世界が広がった」という言い方をしますが、今まで存在していたけれど知らなかった世界に気付いた…文字通り自分の中の認知できる世界が変わったんだと思います。生きるって面白いですよね

 

@toyomane @PascalRita_ffcc 良いものがよく見える分悪いものもよく見える…
うーん難しい!

 

@toyomane こんにちは。正直、受験勉強や大学は
「つまんない雑多な知識を飲まされているだけだ」
という思いで、本当に苦痛だったのですが、社会人で独学中の今は
「全部繋がってた! 素晴らしい!」
ということが多くなってます。
(もっと誰かちゃんと繋がりを説明してくれたら良かったのに、とも思います)

 

@toyomane 社会人になって歴史ゲームを遊んで史実を調べたりするようになってから史跡や寺社仏閣と武将や歴史人物が結びついて旅行が楽しくなりました。
これが解像度アップって事なんですね。
小学校の修学旅行で行ったバチカン市国大使館、もう二度と行けないだろうしもっと興味を持ててたら良かったなぁ。

 

@toyomane 含蓄あるお言葉、ありがとうございます。
「世界の解像度をアップする」ために、生きた勉強を
していきたいと思います。

 

@toyomane @hakuo416 確かに。私は旅先で花や建物や色んなものに感動してるが、植物に詳しかったり、歴史や建築の知識を持ってたらもっと感動するんだろうな、とか通り過ぎた所に凄いのあったりするんだろうなと思ってる。

 

@toyomane まさに。BGMや生活音が、ただの景色や記号が、意味を持った時の喜びといったら。ひとつの事象からストーリーがつながって、未来が見えた時。名もなき何かに自分の中で名前がついたとき。その喜びがわかるはずなのに、勉強が続かないワタシです。
ありがとうございます。勉強しようと思いました。✊

 

@toyomane 学校の勉強だけじゃなくて生きていくこと自体が勉強だと思う

 

@toyomane 強豪空手家でK-1選手だった、角田信朗氏。

日本語・英語・韓国語・フランス語のマルチリンガルですが、こう言ってました。

「外国語学習を、学問だと思ってはいけない。
「『他国の人々と意思疎通する手段の稽古だと、捉えれば良いのです」

それと同じですね。

 

@toyomane 以前自分が塾講師のバイトをしてたとき、英語の授業で「now」という単語が出てきて、ふざけて「塾で勉強なう!」とか言ってたら中学生の生徒が「…『なう』ってこのnow!!!!????」ってなって解像度が1px上がってました。

 

もりえってぃ
もりえってぃ

昔聴いてた音楽の歌詞が今になって理解できたりとか、新しい世界とは新しい見方なんやなって。

Twitterネタ
スポンサーリンク
シェアしてねヽ(*´∀`)ノ
人気記事
人気記事
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
もりえってぃー

コメント

タイトルとURLをコピーしました