子供にとって幸せな家庭というのは裕福な家庭でも親が高学歴な家庭でもなく、これらしい

Twitterネタ
Twitterに教えてもらったけど、子供にとって幸せな家庭というのは裕福な家庭でも親が高学歴な家庭でもなく、親の機嫌が安定的に良い状態の家だということらしい。
人間の精神は物理的状態(空腹とか環境とか忙しさ)に完全に左右されると思う派なので機嫌が悪くなるような要素を取り除けるなら全力尽くす
PICK UP

ユーザーの反応

@mamonakumamannu そうです、その通りです。
たとえ収入が少なくても「親の機嫌」が安定していれば子どもはしあわせです。ウチは親の収入はなかなかなもんでしたがこちらが「親の機嫌」と取らねばならない子ども時代でした(´;ω;`)

 

@mamonakumamannu 自分もこれ Twitter から習って教訓にしてます✊
自分の機嫌は自分でコントロールしたい。大人だもの☺️
ただ、難関大学に受かる人の共通点 (傾向) は「情緒が安定している」なのだそうです。情緒が安定した親の元で育つ子は幸福になりやすいかもです。

 

@mamonakumamannu 子供が産まれてほどなく義父から「兄弟仲良くするにはまず夫婦仲良くだ」というシンプルかつありがたいアドバイスを頂いた過去

 

@mamonakumamannu いつもご機嫌よくすごす。。
子育てに限らず人生の質が上がりそうねー✨

今度はどんなことでメンタルのバランスを取っているのか、具体的にシェアしてくれると嬉しいな❤️

もちろん話せる範囲で。

 

@mamonakumamannu 教えてもらいありがとうです!なんか気が楽になりました。自分も情緒不安定な家庭育ちでつらかったのに、自分もそうなってたと気づいてました。自分も時間つくるぞー

 

@mamonakumamannu 分かる
分かるけど

その前提条件で、裕福な方が両親の機嫌がいいのは一般的なこと
まぁ金あっても不倫の屑やら
貧乏でも楽しく工夫してるやらあるから一概には言えないけど

とりあえず、両親は両方とも屑にはならないように

 

@mamonakumamannu 裕福になれば、機嫌も良くなる可能性は……あるかもしれない……

 

@mamonakumamannu これはホントにそのとおりですよね。子供時代を回想してみて、実家が牢屋のように感じた時というのは必ず親が不機嫌であった。

 

@mamonakumamannu 仕事という不安要素を取り除くと今度は収入という不安要素が生まれてしまう。精神的な安定を保つ事は本当に難しいが常に意識はしていますね。とにかく無理しすぎないように注意してます。

 

@mamonakumamannu @C62482 親の機嫌が不安定だといわゆる毒親という奴になるのかもしれません。若年層の精神疾患の多くは毒親が原因のように私は思います。

 

@mamonakumamannu 「上機嫌と認知容易性は、私たち人間にとって安全性や親密性の評価基準となる」

と言われるように、上機嫌が人にとって安全性の尺度になるということなんでしょうね。

これは職場でもそうで、給料が多少低くても、温和な上司の下で働いている人の方がストレスは少なそうですもんね。

 

@mamonakumamannu お互い機嫌が良いと夫婦仲が安定していることにも繋がり、子供に安心感を与えそうな感じですね

 

@mamonakumamannu 使えるものはできるだけ使ってママの負担を減らして、子連れじゃないと参加できないおいしいイベントはたくさん参加して子育ての楽しさをたくさん経験すると子供がかわいいと思えるから親子共々幸せになれます😊

 

@mamonakumamannu Twitterのママさんアカは夫の愚痴とそれに同調する人で溢れてますが夫婦仲は大人が思うよりずっと子供の心に深く影響を与えて辛さを沈殿させるのに幼稚園や学校選びで喧嘩するとか本末転倒もいいところといつも思って見ています。お子さんがいるなら何としてでも夫婦仲良く穏やかに暮らして欲しいです

 

@mamonakumamannu 裕福とか貧乏とかどっちでもいいから親からの愛情があればそれでいい。

 

Twitterネタ
シェアしてねヽ(*´∀`)ノ
人気記事
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
もりえってぃー

コメント

タイトルとURLをコピーしました