人気トレンド
スポンサーリンク

【画像】柔道金メダル・ウルフアロン選手の中学時代の作文がすごいと話題に!これは漢気の塊だ・・・

Twitterネタ
ウルフアロン選手の中学時代の作文すごい。こんなド硬派が21世紀にもいるのか…!漢気の塊みたいな強い気持ちに感動する。 pic.twitter.com/4ORcA3Mase

中学二年の 夏に思うこと

文京区立第一中学校二年 ―ウルフ アロン―

 今、僕がここに書いていることを、二〇一九年の夏にも同じよ うに思い、感じていたら、それは僕がこれからの十年を精一杯生きた証だと思う。

 僕が講道館で柔道を始めたのは、小学校入学直前の春休み、 二〇〇二年三月だった。当時、日本の柔道は全盛期だったと僕は記憶している。さまざまな国際試合で、多くの日本人選手が見事な技で勝つのを見て感動したのを、今でもはっきりと覚えている。しかし、いつからかその無敵だったはずの日本の柔道にかげりが見え始めてきた。それを決定的にしたのは、鈴木選手が投げたはずが、相手に返されたとみなされてしまい、最後に背中をついていた鈴木選手が負けてしまった試合だと僕は思っている。 あの時僕は、幼いなりに何かが違う、変わりつつあると感じた。 僕が今まで習ってきた柔道が完全に否定されたような気がした のだ。そして、その時だった。僕は、僕が習ってきた日本の柔道を、後輩たちに誇りをもって伝えていきたい、世界がなんと言おうとも、僕は僕の信じる柔道を続けていきたいと思ったのだ。なんとなく将来について考え始めていた、小学校も終わりの頃のことだった。

 柔道が「JUDO」になろうとも僕にとっては「柔道」であり、 勝つことだけが目的ではない。柔道から僕が学んできたことは あまりにも多く「JUDO」で片付けることはできないのだ。僕は柔道の指導者になりたいとそのとき始めて思った。勝つことだけでなく、人として学ばなければならないすべてのことが指導できる人間になりたいと思ったのだ。

 二〇〇九年夏、小学生の時に感じたあの思いは今も変わることなく僕の心の中にある。指導者になりたいという僕の思いはさらに強くなってきている。柔道部部長になった今、その責任の重さを痛感している。みんなをまとめ引っ張っていくことの難しさ、自分の意見を言うだけではなく、回りの人の意見もきちんと聞き、支えられていることを常に忘れずに、感謝して行動しな

スポンサーリンク
PICK UP
PICK UP

ユーザーの反応

@HEALproj 続きです。素晴らしい。あまりに素晴らしい。 pic.twitter.com/m2lvpszt7q

ければならないことに気付かされた。周りの人の意見を聞くことはとても大切なことだが、決して流されてはいけないこと、の兼ね合いがなんとも難しい。行き過ぎると自分勝手だと思われるし、足りないと優柔不断だと思われてしまう。また、柔道のことだけを考えていれば良いわけでもない。一応僕は中学生。 勉強もしなくてはならない。文武両道とは良く言ったものだ。これがまたとても難しい。勉強に力を入れると柔道の稽古がおろそかになり、柔道の稽古に力を入れると勉強がおろそかになる。このバランスのとり方は僕の一生の課題になっていくことだろう。

 僕の目指す指導者になるためには、まだまだ学ばなければならないことがたくさんある。その基礎の段階が、まさしく今、中学校時代だと思う。勉強、柔道はもちろんだが、何事にも負けない強い精神力、やさしい心、思いやりの精神なども人として学ばなければならない大切なものだ。今の僕はこれらのことを頭では理解できているが、実際に行動するとなるとうまくいかないことが多い。僕は残りの中学校生活を大切にし、さまざまなことを十分に学べるようにこれからも努力していきたいと思う。夢への近道はない。こつこつと努力をかさねた先に、僕の思い描いている夢があるはずだ。僕は努力は裏切らないと信じている。十年後もまだ努力の途中かも知れない。それでもいい。夢に向かって一つ一つ小さな目標を達成していけば、その夢は叶うはずだ。柔道の先生が言っていたことだ。小さな目標の一つも達成できなければ、夢には届かない、僕はこれからも、夢に少しでも近づけるように目標を一つ一つクリアしていくつもりだ。

 これを読んでいる十年後の僕の価値観と今の僕の価値観が同じであってほしい。十年後もなお、小さな目標を一つ一つクリアしている自分であってほしい。そして大好きな柔道にかかわっている自分であることを心から願っている。

@HEALproj 立派すぎて言葉も出ません
日本の未来が明るすぎて眩しいです

 

@HEALproj 変な芥川賞とかみたいなのよりいいな👍️ずっといい

 

@HEALproj 漢気、素敵。
焼き肉を生焼けで食べてお腹を壊して大会に出れず、監督が電話した時に「うるうるウルフです」って言ったエピソードがかわいくて好きだったんだけど、ギャップでより好きになったわ。

 

@HEALproj @ginji111 志が違いますね。
心と技と体、その「心」の部分はこのとき既に完成していたんですね。

 

@HEALproj @fBywtBMOWqapBf4 文章も上手い。柔道に対するひたむきな思いが、伝わってくる。

 

@HEALproj これが中2男子の文章とは思えないぐらい、しっかりした構成、言葉遣い…。途中で切れているのが惜しまれます。今はどんな文書を書いているのか楽しみです。

 

@HEALproj @caramel_xxx_jp 中学生でこんな考え方ができるなんて💦 感動しました😭
まだお若いですから、今後も選手生活続けて頑張られることともちろん期待(連覇も!)しておりますが、こりゃ引退された後も楽しみですね。

 

@HEALproj 今回の五輪の柔道は「技」での勝ちが多く本来の日本柔道に戻ったようでうれしい。

アロン選手が言った「泥臭い柔道」、いいですね!しかし一つも泥臭いとは思えずとても崇高な柔道に見えましたが…

 

 

@HEALproj 文章が大変にしっかりしています。起承転結があり知らず知らず読んでいってしまう文です。

 

@HEALproj @subaru8811 今回の五輪では彼のような選手が日本の為に大活躍してくれている
色々苦労もあったろうに
ただただアタマが下がる

 

 

【NHK】攻めつらぬいて頂点へ!ウルフアロン金メダルへの道 | 柔道男子100キロ級 | 東京オリンピック
準決勝・決勝をフルタイムで見る東 京 オ リ ン ピ ッ ク他 の 競 技 の ハ イ...

 

もりえってぃ
もりえってぃ

一つ一つ小さな目標をクリアして、努力を続けた結果が金メダル!

コメント

タイトルとURLをコピーしました