PEACE🌏☮️

虐殺のあったキーウで生き延びたウクライナ人男性の証言がこちら

Twitterネタ
虐殺のあったキーウで生き延びたウクライナ人男性の証言
「特に残虐だった隊のロシア兵は『どうして各家庭にパソコンや電子レンジがあるんだ、どうしてこんなに良い生活をしているんだ』と怒っていた。貧困に喘ぐウクライナに行けば解放者として歓迎されると信じ込まされていたのだろう」
#報道特集
おすすめ記事

ユーザーの反応

@ameayunon パソコンはともかく、一般家庭に電子レンジすら無いのか

 

@ameayunon @maki2260 10年前の思い出が蘇ります。ロシアは美しい国でした。しかし都市に住んでても国民の生活は貧しかった。当時雇ったガイドに「あなたとお話できて良かった」と言ったら「また私を雇ってください!」と名前と番号を渡された。それだけ稼ぐのに必死だった。

 

@ameayunon 憎しみが、自分達をずっと騙してきた自国政府ではなく、幸せな資本主義国に向くのが哀しく怖い。「資本主義国のショーウィンド」と言われる日本にもその牙は向きかねない。
文革期の中国を描いた「ワイルド・スワン」に「資本主義国はマッチ売りの少女のような惨めな世界だと教わってきた」とあった…

 

@ameayunon ロシアのどこの地域出身なんですかね。ロシアの都会の華やかな映像ばかり流れるから、彼らの怒りの元となる貧しさがピンと来ない。

 

 

 

@ameayunon ロシアの中には第三世界が多数含まれてますのじゃ。

 

@ameayunon ロシア軍が、なぜ略奪をするのか、わかったわ。

 

@ameayunon 北朝鮮への帰還事業の話に似てます

船に乗っていた帰還者の栄養状態が良くて身なりも良いのに、北朝鮮の人達は啞然としたそうです

北の人達は日本で苦労している可哀相な同胞を救うつもりだったのに、在日の人の方が全然良い暮らしだった

社会主義国で貧しくない場所ってないですよね

 

@ameayunon 違うと思います。
「ドンバスの地域の人は八年間も苦しい思いをしてきたのに、お前らはなぜ普通の生活が出来ているんだ!?」って意味だと思います。 pic.twitter.com/tKkaggvoNA

 

@ameayunon 不思議ですね。
ウクライナは国としてけっこう貧しいと聞きました。もちろん、ロシアよりも。
でも、それぞれの出身地で違うのでしょうかね。

 

@ameayunon PCゲームでロシア人とマッチングしまくるんだが??

 

@ameayunon @kikumaco 橋下○ 鈴○宗男 アメリカ陰○説 奴らが いかに無知かってことだ😡👎🔥👊👊👊👊

 

どこぞで見た「プーチンの真の戦争理由はNATO加盟問題よりウクライナがこれ以上EU寄りで裕福になると、いつまでも貧しいままのロシア国民がプーチン政権に疑問を持って反政府運動や暴動が起きるからウクライナをロシアに編入して貧しいままにさせようとした」とかあって、それに繋がるな。 twitter.com/ameayunon/stat…

 

どこかで聞いた話に似てると思ったら、第二次世界大戦後に台湾に渡った中国国民党軍について、当時台湾に住んでいた人が話していたことにそっくりです twitter.com/ameayunon/stat…

 

韓国は自分たちより貧しいと教えられて、工作するため命じられてソウルへ侵入した北朝鮮の兵士や工作員が栄えているソウルを見て、「自分は噓を教えられていたのか」とショックを受けた話を思い出した twitter.com/ameayunon/stat…

 

てっきりこれまでロシアはプーチン政権下で国民生活も少しずつ改善しているのだと、だからこその長期政権なのだろうと思っていた。でもそれは誤りだった。
まあ日本も少しずつ貧しくなりながらも一貫して同じような政権が続いているのだから、不思議なことではない。 twitter.com/ameayunon/stat…

 

共産圏にありがちな話。
何故か自由主義陣営より経済的に優位に立っていると信じていて、解放者として相手に受け入れられると思っている。

留学生等が増えて真実を知ってからの内ゲバが、国家としての本当のスタートラインだと思う。 twitter.com/ameayunon/stat…

 

ベレンコ中尉亡命事件の時代(1976年)からロシア(当時ソ連)は相当貧しい国だと言われてたからなぁ twitter.com/ameayunon/stat…

 

ウクライナって日本や欧米とそう変わらない文化的な暮らししてたところをロシアに侵略でめちゃくちゃにされてるからな···内戦続きの中東とだいぶ違う twitter.com/ameayunon/stat…

 

コメント